チャップアップの成分と副作用について

ここではチャップアップが何故効果があるのか?成分は何を使用しているのか?まさか副作用なんて有るの??そうした疑問、質問が多くきかれているので一つづつお答えしたいと思います。

 

成分について

他の育毛剤の追随を許さない豪華な配合になっております。1番大きな柱となる成分は3つ。

 

センブリエキス

毛母細胞の活動を活性化して髪の毛を増やすというわけです。さらに保湿効果もありますから髪の毛の生長に良い影響があります。

 

グリチルリチン酸

毛穴の炎症を防ぎます。

 

ジフェンヒドラミンHC

こちらは血行促進作用と抗炎症作用がある成分です。皮膚の炎症や痒みを抑える成分で育毛に大変効果があります。

 

大きくこの三種類の成分がチャップアップを支えています。もちろんその他にもなんと32種類もの成分を配合しています。海藻エキスM034,グリチルリチン酸2K、ジフェンヒドラミンHCI,センブリエキス、ビワ葉エキス、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス、ニンジンエキス、クロレラエキス、オウゴンエキス、ローズマリーエキス、ニンニクエキス、マツエキス・・・・。まだまだあってここには書ききれませんが、どれも天然由来の育毛に有効と認められた成分です。

さらには頭皮への刺激を考慮して無添加、無香料で作られています。

有効成分センブリエキスについて

様々な育毛剤に含まれている、薄毛に大変役立つ成分です。これは直接毛根に作用して血流を促します。健康な髪の毛のためには栄養が必要だということはお分かりですよね?その栄養を運ぶのが血液。ですから血流を促すというのは大変大事な役目なのです。結果毛母細胞の働きを高めて育毛、養毛効果を発揮します。

 

皮脂の分泌を防ぐ成分

頭皮の皮脂というのは様々な役割をします。乾燥しないようにしたり外からの刺激を防いだり。でも分泌しすぎるとそれは逆効果ともなってしまいます。ですからチャップアップにはドクダミエキス、オウゴンエキスが含まれています。

 

それによって皮脂を抑えるだけでなく男性型脱毛症の原因のDHT(ジヒドロテストステロン)をも抑えることができます。

 

グチルリチン酸やジフェンヒドラミンHCについて

頭皮の炎症は薄毛を進行させます。自分の頭皮が炎症を起こしているかどうかはなかなか目で確認することが難しいのですが、それを改善するための成分としてグリチルリチン酸やフェンヒドラミンHCを配合しています。

 

グリチルリチン酸は

 

抗炎症作用と抗アレルギー作用の両方を持っています。身近なところでは、多くの化粧品に色々なところで使われているのですよ。どうしてチャップアップにも含まれているのかというと、抜け毛・薄毛になる頭皮は炎症を起こしていることが多いからです。それは間違ったシャンプーの仕方だったりカラーリングを重ねたりする過酷な環境、不規則な食生活、ストレスなどによって頭皮の環境が悪くなり、菌が繁殖してしまうということがあるからです。

 

この事は、菌が繁殖している場合は、菌を退治しようと頭皮が炎症を起こします。その炎症は薄毛や抜け毛を引き起こしていますからグリチルリチン酸を頭皮に塗り炎症を抑え、衛生的に保つことが大事なのです。

 

副作用について

どんなものでも人によっては副作用というもが現れる場合があります。チャップアップはどうなのでしょうか?副作用が現れる原因となる主な成分はシリコン、パラベン、香料、着色料、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、合成ポリマー、タール系色素、酸化防止剤、ミネラルオイルなどです。

 

チャップアップはこれらを一切使っていません。元々頭皮に重大なトラブルが有る、薄毛とは別の病気などがある場合は医師の指示に従うようにして下さい。しかし、チャップアップそのものは本当に優しい素材でできており薄毛に有効な成分のみを配合しているので安心してお使いいただけますし、副作用の心配もありません

 

もしこれで副作用が出るのなら、それは他の育毛剤を使っても同じことです。むしろ刺激の強い薬用シャンプーなどのほうがよほど気をつけたほうが良いですよ。

 

▼30日間の全額返金保証付き▼

チャップアップ 副作用

 

 

チャップアップ店舗販売 TOP